FX|オーストラリアドルの王道

TOP »  オーストラリアドル円(豪ドル円)で有効なFXトレード戦略(中上級)

オーストラリアドル円(豪ドル円)で有効なFXトレード戦略(中上級)

2013.11.14 23:57(cms.tatsujin05)

豪ドル円を取引する時にまずチェックする通貨ペアは、豪ドル/米ドル、ドル/円、豪ドル/円の3つです。

米ドルが主導で動いている時には豪ドル/米ドル(例:豪ドル売り・米ドル買いで下落)とドル/円(例:米ドル買い・円売りで上昇)は通常反対の動きになります。

しかし、円主導の時、特に円安に動く時にはドル/円と豪ドル/円か同じ方向に動き出します。ただ、この時豪ドル/米ドルが動かないか、あるいは下落する時には豪ドル/円の直接的な買いが入っていないことを示します。

もし、豪ドル/米ドルも豪ドル/円とドル/円同様に上昇していれば、それは豪ドル/円に直接買いが入ったということです。それは主に日本の投資家からの買いが多く、資本が動き出したというサインでもあります。

投機筋が仕掛ける場合もありますが、その時は短期ですぐ終わるので見分けることができます。本格的な豪ドル/円の買いが入る時は市場のリスクが後退した時でもあり、中長期にわたり上昇が続きます。中長期の投資としての買いタイミングをみつけるには、この3つのペアの動きに注目しておくことです。

この仕組みは難しいと思いますので、下の段のチャート図でご説明します。

kawase_shikumi.png

3つの通貨ペアの動きを比較する

下の図はドル/円と豪ドル/米ドル、豪ドル/円を比較した週足チャートです。同じ期間(赤枠の期間)に分けて動きをみていくと、この3つの通貨ペアの力関係がよくわかります。

usdjpy_chart.png audusd_chart.png audjpy_chart.png

アベノミクスによる円安が進み、ドル/円は上昇する一方、豪ドル/米ドルはほとんど動いていません。しかし、豪ドル円は緩やかな上昇を描いています。

これは、豪ドルの買い材料で動いたのではなく、円が米ドルに対して売られ、結果豪ドル円が上昇したということがわかります。

期間(青枠の期間)でドル円の下落が始まりますが、その後再び上昇に転じています。豪ドル/米ドルと豪ドル/円もほぼ同時に下落に転じました。これは豪ドル/円の売りが出たことを示します。Aで買った人たちの損切りを巻き込んで下落していると予想できます。この時は米国が量的緩和の終了を示唆した時でもあり、豪ドル/米ドルの売りも同時に出ていたと考えられます。

 
 
 

オーストラリアドルの特集

オーストラリアドル投資で抑えたいツボ

オーストラリアドル 「為替レート、金利推移」 動向の予想を特集

オーストラリアドル 「魅力と通貨の特徴」 安定感、金利がおいしい

オーストラリアドル投資 「断然、FXが有利!」 初心者のための入門講座

オーストラリアドルの基礎

 

FX(外国為替取引)の基礎

 

人気のFX業者TOP4