FX|オーストラリアドルの王道

TOP »  FX投資家に人気の高金利通貨「オセアニア通貨」とは

FX投資家に人気の高金利通貨「オセアニア通貨」とは

2016.05.23 21:35(cms.tatsujin05)

オセアニア通貨の特徴

米ドルやユーロを取引しているけれど、オセアニア通貨とは距離を置いているという人も多いようです。

しかし、日本の生活時間とあまり時差がないことから、経済指標をチェックしやすいなど、欧米の通貨とは異なる多くの利点があります。ここではそんなオセアニア通貨の特徴や最近の動向を解説します。

オセアニア通貨とは

地理では、オセアニアはニューギニアなどを含む非常に広い範囲とされるそうです。ただ、FXでオセアニア通貨といえば、オーストラリアドル(豪ドル)とニュージーランドドル(NZドル)の2種類のことですね。

オーストラリア、ニュージーランドは地理的に日本と近いため、日本から観光に行く人が多く、親しみを感じやすい国です。

そのために日本のFXの個人投資家はオセアニア通貨に関心を持ち、初心者の頃から好んで取引をすることが多いです。

オセアニア通貨の動き

欧米は日本との時差が大きく、英国、ユーロ圈、米国、カナダといった欧米各国で為替を動かす重要指標発表、要人発言、決算発表などは、ほとんどが日本の夕方から深夜になります。

それに対してオセアニアや日本の為替を動かす重要なニュースの発表は、ほとんどが日本の昼間に行われます。そのため、日本の夜中に発表されたニュースの直接的な影響で、オセアニア通貨や日本円か大きく動く恐れは、欧米通貨に比べると少ないといえます。

日本の外務省のホームページでオーストラリアの貿易相手国を調べてみたところ、2013年と2014年の輸出入合計の貿易相手国は、一位が中国で23.9%、次いで二位は日本の10.8%、三位は米国の8.7%となっていました。

ですから中国、米国が景気にかげりを見せると、オーストラリアも大きな影響を受けてしまいますし、オーストラリアドルの為替は下がる恐れが大きくなります。

また、ニュージーランドはオーストラリアの隣の国ですので、通貨のレートは似た動きをすることが多いです。

 
 
 

オーストラリアドルの特集

オーストラリアドル投資で抑えたいツボ

オーストラリアドル 「為替レート、金利推移」 動向の予想を特集

オーストラリアドル 「魅力と通貨の特徴」 安定感、金利がおいしい

オーストラリアドル投資 「断然、FXが有利!」 初心者のための入門講座

オーストラリアドルの基礎

 

FX(外国為替取引)の基礎

 

人気のFX業者TOP4